アスタリフト成分の特徴

フィルムメーカーであるフジフィルムがつくったスキンケアとして人気のアスタリフトですが、このアスタリフトには成分にある特徴があります。
アスタリフトは鮮やかな赤い色のコスメとして知られていますが、この色こそアスタリフトの成分の特徴であるなのアスタキサンチンなんです。
アスタキサンチンはすぐれた抗酸化作用がある成分で、抗酸化作用を持つことで知られているコエンザイムQ10の約1000倍もの美肌パワーがあるんです。

さらにトマトのリコピンもこの赤い成分の一つです。リコピンも美肌パワーが優れている成分としてしられていますよね。
でも、どちらも化粧品に配合するのが難しいとされていた成分なんですが、フジフィルムではアスタキサンチンも
リコピンもナノ化させることでスキンケアにしっかりと配合することが出来るようになっているんです。

もともとフィルムはコラーゲンで作られているもので、フィルムメーカーであるフジフィルムが長年の研究の末に
このアスタリフトを開発しているので、お肌にとってはまさに良い成分をしっかりと含んでいるスキンケアになっているんですよ。

ドモホルンリンクルの特徴?

ドモホルンリンクルの特徴は、無料お試しのセットがあり、それぞれが年齢肌に対応しているところです。
無料お試しセットを使用すると、試した日から、翌朝の肌に違いを実感することができます。
年齢に負けない肌づくりにピッタリの商品で、 製薬会社が作る基礎化粧品なので効果が違います。
肌の力になる厳選原料をしっかり使用しています。

まず、化粧落としジェルで、メイクや皮脂汚れをしっかり落とし、次に、肌に負担をかけないキメ細やかな洗顔石鹸でやさしく洗いあげます。
そして、目もとギリギリまで使える泡のパックで肌を柔らかくします。
それから、2種類のヒアルロン酸による保湿液で肌をしっとりうるおわせ、濃厚エキスの美活肌エキスで、肌にハリと艶を出します。

その後、クリーム20を使用するのですが、良質なコラーゲンが配合されているので、しっとり、もちもちの肌になることができます。
最後に、保護乳液を使用することで、肌にベールをかけるように包み込みます。
ドモホルンリンクルの特徴は、トータルでケアすることにあり、肌をときほぐして、透明感のある明るい肌へと導きます。

ドクターシーラボにデメリットはある?

ドクターシーラボにデメリットはあるかというと、あります。それはオールインワンゲル独得のものです。色白な人には使えない面があります。
色が黒すぎるのが難点で、規定の量を塗ると仮面を被ったような感じになり、不自然な仕上がりになってしまいます。
ドクターシーラボは、カバー力はあるのですが、色が濃いので衣類につきやすいです。

オールインワンゲルとしては厳しいものがあり、下地としてはかなり残念な結果になります。下地で使うとかなりべたつきます。
化粧ののりが悪くなり、化粧崩れが激しいとメリットがあります。
オールインワンゲルとしての評価は低く、実際はオールインワンとは言えないものがあります。

ドクターシーラボは、シミ取りコスメとして考えて使わないと、後から不満が出てくる可能性があります。
オールインワンゲルとか美白に関しては、あまり期待しないようにした方がいいかもしれません。
ドクターシーラボは、香りも使い心地も申し分ないのですが、ポンプに液体が固まって詰まるというデメリットもあります。これはかなりストレスになります。

オルビススキンケア化粧品の成分

オルビススキンケア化粧品の成分は、ローション関係の有効成分が、3-O-エチルアスコルビン酸で、
その他の成分は、BG、エタノール、グリセリン、PEG、トレハロース硫酸Na、ムラサキシキブ果実エキス、
ソルビトール発酵多糖液、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、メチルパラベンなどです。

クリーム関係の有効成分は、ビタミンC・2-グルコシド、グリチルリチン酸2Kで、
その他の成分は、BG、PEG、グリセリン、ジグリセリン、トレハロース硫酸Na、リジンHCl、キサンタンガム、
ナイロン末、ムラサキシキブ果実エキス、グリコシルトレハロースなどです。オルビススキンケア化粧品は、
無添加で肌に優しいイメージがありますが、ポリマーの成分がたっぷり入っています。ただ、だからといって、肌に良くないということはありません。悪いものが一切、入っていない化粧品は存在しません。オーガニックやミネラルといっても画一的な基準はなく、オーガニックだから、ミネラルだからと言って安全という保証はありません。オルビスの100%オイルカットの基礎化粧品は好評です。

主力の商品の一つとして、美白化粧品の中でも人気があります。