冬でもファンデーション

冬の紫外線が意外とお肌にダメージがあるというお話、聞いたことありますか?

夏だったらみんな紫外線に警戒してSPFの高い日焼け止めや、日焼け止め効果の高い下地やファンデーションを塗っているんだけど。
冬だと「そんなに日差しが強くないよね」と、きを緩めてSPFの高いファンデーションなどを使うのをやめてしまう人が多いとか。でも、けっこうこれが冬場の紫外線のダメージがなかなか大きいらしく。

だいたい冬用の紫外線対策ってあまり聞きませんよね。コパ□ーンなどの日焼け止めだって、CM広告をテレビなどでたくさん見かけるのは夏。
まあ、あれは顔に限定していなくて、基本的にカラダ用だからなのかもしれないけど。

顔はカラダと違って一年中外に出ているので紫外線にされされているし、冬は空気が乾燥しているので、お肌が乾燥のダメージを受けているところに、夏よりは弱いとはいえ紫外線。
こうなるとダブルのダメージだそうです。

また、冬は「寒いからあまり外に出ないからいいかな」と思っていても、生活紫外線(普通に一般に生活をしていて浴びる紫外線)が結構あるそうで。

確かに、冬はそんなに屋外活動しないけど、暗いのが嫌だからとか室内の観葉植物のために、陽当りの良い窓のレースのカーテンを開けて室内に光を入れてみたりするし、ベランダに出て洗濯物取り込んでいるときについつい日差しを浴びておひさまの光を楽しんだりしてしまう。だけど、実は日焼け止めを塗ってないので実は夏よりかえってお肌に直接紫外線を受けているかもしれない。要注意です。

大人の肌は10代の頃と違って、紫外線を受けて一度シミやくすみが発生してしまうとなかなかこれが消えないんですよね。油断大敵かもしれません。

うっかり日焼けを防ぐためには、機能性の高いファンデーションに変えるのも一つの手です。これだとお手軽。最近は、SPFが高いだけでなく、ビタミンC誘導体や、細胞を活性化するヒト幹細胞培養液エキス入りなどでお肌のケアまでしてくれるファンデーションが出ていますのでチェックしてみてくださいね。

例えばこちらが参考サイト